仮想通貨の税金 学生は自分でできるのか?

TOP > @仮想通貨 > 仮想通貨の税金 学生は自分でできるのか?

仮想通貨の税金 学生は自分でできるのか?

仮想通貨は現物のない商品ですが儲けた場合税金が発生するので注意しておく必要があります。大学生でも気軽に利用で切る商品で大儲けしたときには学生でも支払う義務が発生するので覚えておきましょう。基本的に成人しているのなら仮想通貨のやり取りは可能です。未成年の場合は親の承諾が必要になるのですが、取引所によりルールは違っています。


登録だけなら無料で利用できる売り買いをしない限りはお金がかからないです。注意点として38万円以上仮想通貨の取引で儲けてしまうと扶養控除の対象外になってしまいます。また38万円以上の仮想通貨で利益を得たときには確定申告をしないといけないので注意です。バイトと仮想通貨で103万円を超える収入を得ている場合も扶養控除の対象外になる、所得で103万円を超えるなら勤労学生控除を使うのが良いでしょう。


ただし仮想通貨をただ保有しているだけであれば税金はかからないので安心です。気になるには税金の確定申告ですが給与を1カ所から受けている、そして給与額の源泉徴収の対象になる場合の合計金額が20万円を超える場合に発生します。学生は18万円控除が適用されるので38万円までなら確定申告をする必要がないのがメリットです。


大量の取引を行う学生はほとんどいないのであまり気にする必要はないといえます。基本的に学生だと130万円以内の所得なら勤労学生控除を受けて税金を支払う必要はないです。ただし親の納税額が多くなる特徴を持ちます。


仮想通貨の税金 学生は自分でできるのか?関連ページ

仮想通貨の税金 学生のデメリットとは?
仮想通貨かここ最近各メディアで話題を呼んでいます。一般消費者の間でも流行っていま...
仮想通貨の税金 学生は自分でできるのか?
仮想通貨は現物のない商品ですが儲けた場合税金が発生するので注意しておく必要があり...