仮想通貨の税金 学生のデメリットとは?

TOP > @仮想通貨 > 仮想通貨の税金 学生のデメリットとは?

仮想通貨の税金 学生のデメリットとは?

仮想通貨かここ最近各メディアで話題を呼んでいます。一般消費者の間でも流行っていますし、テレビ番組で活躍する著名なタレントや人気お笑いタレントの方々も仮想通貨を始めています。他の投資よりも安心感が強く、手軽に始められるのが利点だと言われているためです。実際に他の投資に比べて初期投資のコストが少なくなっています。


学生はフルタイム勤務が出来ません。そのためアルバイトや短期バイトでお金を稼ぐ必要があります。しかし最近では各地のバイトが大変きつく、そして時給が安いです。仮想通貨の投資でお小遣いを稼ぎたいと感じ始めている大学生の方々も多い事でしょう。


仮想通貨は簡単に大儲けが出来る可能性がある投資であり、また特別な資格や経験も不要です。そのため普通の大学生でも気兼ねなく始められます。ただし学生が始める上で注意したいのが税金です。日本の国では投資で儲けたお金にも税金が掛かります。しかもバイトで得た利益よりも税率が高いのが注意点です。本業は学生でも仮想通貨で大儲けをすれば、いわゆる個人事業主のように年度末までに確定申告をしなければいけません。


もちろん所得税が掛かる程、大儲けした場合のみです。ただし申告を忘れたり、意図的に申告を怠ると税務署から追徴課税を受ける事になります。追徴課税とは言わば脱税行為、あるいはその疑いへのペナルティです。本来払うべき税額以上に、更に大きな所得税を支払う事になりますので、学生とはいえ仮想通貨を本格的に始めた場合は税金対策を即考えなければいけません。


仮想通貨の税金 学生のデメリットとは?関連ページ

仮想通貨の税金 海外のメリットとは?
仮想通貨を利用する人が日本国内でも増えていますが、購入して売却した時に利益を上げ...
仮想通貨の税金 学生のデメリットとは?
仮想通貨かここ最近各メディアで話題を呼んでいます。一般消費者の間でも流行っていま...
仮想通貨の税金 学生は自分でできるのか?
仮想通貨は現物のない商品ですが儲けた場合税金が発生するので注意しておく必要があり...